白川製紙株式会社

白川製紙株式会社

紙・パルプ・繊維・アパレル
  • website
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • YOUTUBE
  • Instagram

白川製紙は1899年(明治32年)、愛媛県四国中央市で創業し、紙を作り続けてきました。
古くから紙の街として栄え、現在では日本一の紙の生産地である四国中央市。
この地で培った私たちの「技術」、常に一流を目指し続ける「ものづくりの志」は、120年以上たった今でも受け継がれています。
現在では、日本全国、海外にもユーザーを抱え、紙卸商、紙加工業の他、建材、電器、食品、衣料など様々な産業でお役立ちしています。極薄の特殊紙というニッチな市場ですが、国内最大のシェアを得ている紙も少なくはありません。近頃は脱プラスチックの観点からも紙素材は注目されています。

業種 薄葉紙・特殊紙製造
募集職種 製造職(機械操作・製造工程作業)
※資格や学部学科の指定はありません
雇用形態 正社員
事業内容 『薄紙・特殊紙』専門の製紙メーカー
薄くて破れにくい、薄くて水に強い、など、薄さと機能を併せ持つ紙の製造を行っています。
設立 1954年
(創業1899年)
代表者 代表取締役 白川豊志
資本金 3,200万円
売上高 1,579,706,000円(2022年11月)
1,500,407,000円(2021年11月)
従業員数 43名(男性38名/女性5名)
事業所 本社:愛媛県四国中央市
営業所:大阪府大阪市
関連会社 株式会社アイテック
主要取引先 全国の紙卸商、紙加工業、建材メーカー など
沿革 1899年 現在の愛媛県四国中央市村松町において手漉き和紙で創業
1947年 白川製紙工場と称し機械抄和紙の製造開始
1954年 資本金200万円で、白川製紙株式会社を設立
1964年 四国中央市下柏町に新工場を建設
1965年 村松町の旧工場を売却、新工場に集約
1971年 資本金3200万円に増資、抄紙機4台の生産体制となる
1973年 大阪営業所を開設
1980年 新社屋(事務所)を建設
1991年 原質工場棟を増改築
2007年 抄紙工場棟を増改築、6号抄紙機を増設
2010年 本社にてFSC®/CoC森林認証を取得
2014年 本社にてISO9001認証を取得
2016年 3号抄紙機をS&B
2024年 新社屋(事務所)を建設

この企業へのお問い合わせ

住所
〒799-0411 愛媛県四国中央市下柏町581
TEL
0896-24-4475
E-mail
info@shirakawa-paper.co.jp
採用担当
白川
企業サイト
http://www.shirakawa-paper.co.jp/
ページのトップへ