スイッチナビ 愛媛で一歩踏み出すならスイッチナビ!

就活応援

動画面接のポイント

動画面接のポイント

今までのように直接企業に訪問して面接を受けるだけではなく、オンライン上で面接を行うのが増えています。
そこで動画面接を受けるにあたって、注意するべきポイントをまとめました。突然「動画面接」でと言われても動揺しないように、事前に準備することをチェックしておきましょう!




部屋を片付ける
動画面接中、視線が何度も逸れることがあると、注意散漫な印象を与えマイナス評価になることがあります。自分の気が散らないためにも、パソコン・スマートフォン周辺に余計なものがないかチェックし片付けておきましょう。
部屋を映さないために背景画像がありますが、動画面接では使用しないようにしましょう。背景に映る部屋も、汚れているままだと印象がよくありません。
面接前に、使用する部屋もチェックし片付けておきましょう。
雑音が入らない場所を選ぶ
雑音が入ってしまうと、話がうまく伝わらないことがあります。自分の声がしっかり届くように、周囲に雑音がない場所を選びましょう。
また、自宅から動画面接する時気をつけないといけないのが、突然誰か入ってくることです。面接中に突然人が入ってきて焦ることのないように、面接する前に家族に周知しておきましょう。
電車が通過する近く、車の往来が激しい場所やカフェやフリースペースなど周囲の人の声や物音が入りやすい場所は避けましょう。
服装について
実際の面接同様、スーツやジャケットを着用するのが基本です。
無難に黒・紺・グレーのスーツに白シャツ、控えめな色のネクタイにしましょう。ただし、企業側から「普段着で」などの指定があれば、スーツの着用でなくても問題ありません。
身だしなみ
面接で何を話すかという内容も重要ですが、見た目の印象は写真よりも動画の方が強調されます。
スーツやシャツのシワに気をつけるのはもちろん、男性であれば派手な髪色は避け、黒髪短髪でひげをしっかり剃りましょう。
女性は就活メイクをして、髪型も顔がはっきり見えるものにしておくと、明るい印象を与えられます。。
カメラの位置の調整
動画面接の際は、カメラの位置も重要です。
カメラは目線の高さに合わせてセッティングし、上目遣いや節目にならないように注意しましょう。
面接中は画面の向こうに面接官がいると思って、デバイスのカメラをしっかり見てカメラ目線になるようにしましょう。
照明の調整
表情が明るく映り、見る人にいい印象を与えるためにも照明は重要です。
動画の撮影に慣れていない人だと、照明がきれいに当たらず想像以上に動画の画面が暗くなる場合があります。その際はスタンドライトなどを活用し、顔が暗くならないように調整しましょう。
アプリを準備しておく
動画面接では、SkypeやZoomなど、ビデオ通話アプリを利用することがよくあります。
利用したことのないアプリは、事前にインストールし、面接当日に使い方がわからなくて困ることがないように、使い方に慣れておくと当日スムーズに面接に臨むことができます。
ビデオ通話ではマイクがつながらなかったり、カメラが映らないなどの不具合もよくあるので、別のデバイスを用意しておいたり、ビデオ通話アプリも2つ以上インストールしておくなど、事前準備をしっかりしておきましょう。
Wi-Fi環境を整える
動画面接の場所はWi-Fi環境が整っている場所にしましょう。
面接時に接続が悪くなったり、言葉がとぎれとぎれに伝わったり、面接官の質問が聞き取れないなどのトラブルが発生する可能性があるので、事前にWi-Fi環境を確認しておきましょう。
カフェなどFreeWi-Fiは接続が不安定になることもあるので、避けたほうがいいでしょう。

会員企業

関連サービス

バナー:SWITCH! バナー:SWITCH SHIKOKU バナー:新卒・中途相談窓口 バナー:my switch バナー:fanxfun switch

公式SNS

バナー:職サークル バナー:ふるさと就職
ページのトップへ
企業を探す
イベント情報
特別企画